だから今日希望がある CDプロジェクト のブログ

CD記念コンサート(1)

In イベント/頒布, チャリティー on 2012年2月25日 at 11:52 am

2月18日に開催されたコンサートの報告です。この日の神戸はこの冬一番の寒さで、雪もちらついていました。その為に来場できなかった方も多かったようです。

最初のステージは、関学の聖歌隊。レパートリーも多くアカペラや伝統的宗教曲をお得意とするグループですが、今回のように本格的なギターやチャランゴ、ケーナやサンポーニャ、ピアノの伴奏との息の合ったアンサンブルも新鮮で素敵でした。

CD収録曲から「愛するアビャヤーラ」「男も女も立ち上がれ」。そしてソーサの「天はほめ歌う」を若さあふれた音楽作りで、多くの感動をもたらしました。ジュネーヴ詩編歌から「涸れたる谷間に」をしっとり聴かせてくれました。そしてこの機会に、と同聖歌隊のレパートリーとなっている南米の作曲家ラミレス「さすらい」を学生指揮で披露。民族楽器との調和で独特の美しさと、絶妙なハーモニーを醸し出すクワイアのレベルの高さを感じました。

会場の参加者からは「音楽に惹き込まれた」「なんて美しい声なんだろう」「色々思い出して泣けてきた」という感想をいただきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。